私は真性包茎によって、彼女が出来ても風俗に行っても様々な苦労を体験しました。

例えばセックスの時、真性包茎は亀頭部やその周辺に汚れが溜まりやすく匂いがひどいために女性からはフェラを拒否されたり「治療しろよクズ」、「病気でしょ」など酷い言葉を浴びせられたりもしました。

そして拒否され続けた事によって男としての自信も失くし、女性に積極的に声を掛ける事も出来なくなったのです。
そのような状態の時に雑誌で真性包茎手術の記事を見て「手術をして自信を取り戻し、また女性と関わりたい」と手術を決意したのです。

早速何度も手術の実績がある医院を選び、カウンセリングを受けました。正直不安でしたが職員は全員男性で決して笑ったり否定されることなく、親切丁寧に私の話しを聞いてくれたのです。

手術内容や費用についても分かりやすく説明され「ここなら大丈夫」と手術に臨む決意をさらに深める事が出来たのです。
手術当日になり、決意していたといっても若干の不安は残ります。手術という言葉自体に恐怖を感じていたからです。

しかし担当の医師から「私たちがついてますから」と優しく声を掛けていただき安心する事が出来たのです。やはり医師からの優しい言葉は患者の不安を取り除く魔法のような効果があります。

手術は3人の職員が担当し、1人は私に「大丈夫ですから安心してくださいね」等の言葉を常に掛け続けてくれたのです。

それによって恐怖も和らぎ、皮膚を切除する際の痛みもあまり感じる事は無かったのです。

医師の腕が良かったのか痛みが少なく、手術時間は1時間もかからずに終了したのです。
真性包茎手術は手術後に痛みや違和感もなく、自分でも驚くくらい綺麗に仕上がります。

汚れが溜まったり、匂いがひどい状態が改善されたため性行為も嫌われる事無く、正常に取り組む事が出来るのです。以前のように風俗嬢や彼女にフェラチオを拒否されることも全くなくなりました。

包茎手術は怖いイメージがありましたが、女性と自信を持って関わる事も出来るようになり、本当に決断して良かったと思います。